ハザードマップはどこでみれる?防災リュックよりも先に確認しよう

リスまま

こんにちは。デザイナー兼防災士のリスままです。

ハザードマップを見て確認!って言ってるけど、どこで見るん?!

って方にはぜひ知っておいて欲しい『ハザードマップの見方』を書いていこうと思います♪

こどもと一緒に学べる『ハザードマップの見方』はYouTubeにもアップしていますので、あわせてご覧ください♪

スポンサーリンク
目次

ハザードマップはどこで見れる?

お住まいの市町村役場のホームページ

自治体のホームページを開いたら【防災】のページにだいたい『ハザードマップ』はあります。

お住まいの市町村役場に行く

携帯では見づらいということもあるかと思います。その場合は市町村役場にもらいに行く必要があります。一手間かかってしまいますが、紙で持っていると停電などしている場合はすぐに見れるので持っておくのも安心です。

市報

自治体にもよりますが、市報などと一緒に全世帯に配布されているところもあります。防災の冊子を配っているところもあります!関係ないわーーーと捨ててしまわずに冷蔵庫などに貼っておくと安心です♪

では、ハザードマップが入手できたら次は【ハザードマップの見方】について説明します♪

ハザードマップの見方

そもそもハザードマップって何?

ハザードマップは台風や大雨での浸水被害地震の揺れの大きさ津波の到達がけ崩れなどの災害による被害を想定し作られたものです。これを見て一人一人が災害に備えられるように作られていますが、、、、なかなか見る機会がない。という人も多いと思います。でも、実際に見てみると、えっ!怖い!!!と感じ防災をする方も多いのでぜひ一度見てみてください。自然の猛威は想定を超えてくることもあるので、安心せずに避難する時は避難してくださいね。

大雨などでの浸水想定

最近の雨の降り方は脅威を感じますよね。小さな川が氾濫することはあっても、大きな川は大丈夫!とも言ってられなくなりました。大雨の浸水は河川の近くの低い土地が主に浸水してきます。川と川に挟まれた中洲のような土地も危険です。ただし、町中を流れる用水路が氾濫したらもちろん浸水被害があります。用水路があるれないように町内では用水路の掃除をしたり、草かりをして日頃から防災に努めています。

津波の浸水想定

大地震が起こった場合、津波が発生がします。海に近い場所が危ない!と思いがちですが、大津波の場合、海から川を逆流して内陸まで到達してきます。東日本大震災の時には49kmも内陸に津波が到達した、という記録も残っています。ハザードマップを見て「なぜこんなところまで津波の被害?」と思うことがあると思いますがこういうことです。川の近くの道は避けて避難をしましょう!

地震の揺れ

これは次にくるだろうと言われている大きな地震、【南海トラフ地震】を想定されていることが多いですが、自治体によっては被害が大きいであろう地震を想定しているものもあります。

地震の大きさ(震度)を表しているので部屋の防災の見直しや外壁の修繕など事前に防災ができます。地震では揺れはもちろんですが平野部の埋め立てられた土地では液状化が起こりやすいのも知っておきたいです。液状化は地盤の緩い土地が揺れることで形状が変わってしまうことです。アスファルトが隆起したり、家が傾く原因にもなります。

土砂崩れ、急斜面

大雨が降ると浸水はもちろんですが、山の近くにお住まいの方は土砂崩れも心配ですよね…想定に入っていなくても早めに避難をする心構えを持っておきたいです。

ハザードマップは街全体を見る

災害はいつどこで起こってもおかしくない昨今。。。。突然の地震や想定以上の大雨。

家族が全員家にいる状況にないかもしれません。家の場所はもちろん、会社や学校、塾の場所やよく行く場所なども一緒に確認しておく方がいいです。

リスまま

知ることは安心を得ることにつながります。ハザードマップを見るのは防災の第一歩!みんなで防災はじめましょう♪

最後まで見ていただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる