【台風シーズンに備える】事前の対策で台風被害も最小限にできるコツ!

今や台風は北海道まで被害をもたらすものとなりました…
過ぎ去ったのにまた戻ってくるブーメラン台風なんてものも見られるようになりました。

備えておくだけで被害を最小限に抑えられる!しっかり覚えて備えていきましょう〜

こどもと一緒に防災を学べるYouTubeでも『大雨に備える』を配信しています♪よかったらご覧ください。

スポンサーリンク
目次

台風のあれこれを知っておこう!

※台風の専門知識ではないのでご了承ください

リスまま

台風って『猛烈な』とか『最大級の』とか聞きますよね??

『猛烈な』とか『最大級の』と聞くと、気をつけようかな〜と思いますよね?

台風は基本的に風速で『台風の大きさ』を決めるらく、

最大風速(10分間平均風速)

  1. 54メートル以上の時は『猛烈』
  2. 44メートル以上54メートル未満の時は『非常に強い』
  3. 33メートル以上44メートル未満の時は『強い』

と、なるらしいのですが、よくわかりませんよね。。。

リスまま

私はヘクトパスカル(hPa)でなんとなく『これはヤバそうだなぁ〜』と感じるようにしています。
※ヘクトパスカルだけで大きさは決められないそうですが…

ヘクトパスカルについて詳しい説明は▶︎学研キッズネット

ヘクトパスカルを簡単にいうと、①ヘクトパスカルは数字が小さくなるほど強い!

私は目安として『940ヘクトパスカル以下』だと結構大きい台風だなと思うようにしています。

被害の範囲についてですが、③台風の東側と南側は雨風の影響が大きいそうです。
台風は反時計回りに回っていて、南の暖かく湿った風を吸い上げていることが関係しているそうですが、気象予報士ではないのでここは省略します。

詳しい説明をされている方がいるので、気になる方はこちら▶︎気象予報士『晴れノート』さん

トンボくん

台風は風と雨が強いんだよね??

リスまま

実はそれだけでもなさそうなの…

④実は…高潮が要注意なのです。。高潮はヘクトパスカルが1小さくなると海面が1cm上昇!
ということは、、、1000hPaから950hPaに発達すると海面は50cmも上昇するということなのです!!!

海に近い場所や、低い土地は浸水被害があり、トイレの水が逆流する…なんてことも。

最後は防災の豆知識!

トンボくん

台風は風と雨の音が怖いよ〜😭

雨と風の音がすごくて窓ガラスが怖い…そんな時はろうかで過ごそう!

ろうかは比較的家の真ん中にあり、窓がない場合もありますよね?暴風でものが飛んできて窓ガラスが割れそうで怖い!という場合はおもいきってろうかで寝ましょう♪

台風への備え

お家と外の対策をしておこう!

①外にあるものをしまっておこう!

物干し竿、傘、ペットボトル、バケツ、スリッパ、プランターなど外に置いてあるものをしまっておきましょう!
軽いと思っているものも風速50メートルの暴風に巻き込まれれば、窓を突き破ってくることもあります。

②側溝や排水口のゴミを拾っておこう!

家の前の溝にゴミや落ち葉が積もっていると水がスムーズに流れず、溢れてきます。住宅地の浸水はこの溝の掃除ができていないことが多いのでご近所さんと一緒にやっておくといいです♪

また、屋根の雨どい、排水口もチェックしておきましょう。雨漏りの原因になります。

③窓ガラスの補強をしておこう!

窓ガラスにテープを貼るのもいいですが、跡がついて大変なことも…。テープを貼る場合は養生テープがいいです♪
少し値段は高いのですが、保護フィルムもあります。わが家では保護フィルムではないのですが、遮熱シートを貼っています。年中使えますし、ガラスが割れてしまっても飛び散ることはないので一応これで対応しています。

台風が通過している間はカーテンを閉めておきましょう。窓ガラスが割れた場合、ガラスの飛散を少し軽減できます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

食料を多めに買っておこう!

台風の中、食料を買いに行くのも大変ですよね??

リスまま

台風が近づくとスーパーから消えるのがカップラーメン類!
早めに購入することをおすすめします。

台風の被害が大きかった場合、スーパーやコンビニの食料はすぐになくなり、食品の配送も止まってしまうので商品が入ってこなくなります。気をつけてください。

【おすすめの食材はこちら】

・カップ麺、レトルト食品、菓子パン、小分けのマドレーヌなどすぐに食べることができるもの

・停電に備え、開けてそのまま食べられる非常食や缶詰

お水、お茶、ジュースなどの飲み物も一緒に揃えておきたいですね♪

携帯の充電はこまめにしておこう!

携帯の充電は気づいたら充電をしておきましょう。連絡をとったり、情報収集したり、ライトの代わりにもなる携帯電話はもはやないと不安になりますよね?寝る時にもしっかり充電しておく習慣があると、地震などの突然の災害にも対応できます!

避難所の確認をしておこう!

ハザードマップを開いてまずは家の被害想定を確認しておきましょう。
ハザードマップについて詳しい記事はコチラもご覧ください。

被害が考えられる時には避難所に行くこともできます。コロナの影響で避難所に行くことをためらう方もいると思います。その場合は親族の家に行く、ホテルに泊まる、ということも考えておきましょう。

大雨の中、車中泊は不安ですよね?自治体によっては大型商業施設やパチンコ店の立体駐車場を災害想定時には開放してくれる場合があります。自治体のホームページも確認してみてください。

リスまま

大雨の中の避難は危険!!
早めの避難をしていきましょうー

停電に備えてできること

台風や大雨の場合には、停電になる可能性が大いに考えられるので『明るいうちにやっておく』のがいいです。

例えば、お風呂!暗くなったら入れませんし、ガスも止まってしまうかもしれません。そしてこれ↓

①お米を炊いておにぎりを作る

早めに夕食の準備をしたり、手軽に食べれるものを作っておくのもいいです。わが家では炊飯器にパンケーキミックスを入れて大きな蒸しケーキもどきを作ります♪(押すだけ簡単!)薄くスライスしたリンゴを入れるとおいしいです。

②水の入ったペットボトルを凍らせる

保冷剤や水の入ったペットボトルを凍らせておくのもおすすめです!
クーラーや扇風機が使えなくなった時に暑さ対策になります♪

冷蔵庫の電源も切れるので食材を一か所にまとめ、凍らせたペットボトルを一緒に入れておけばしばらくは食材が傷むのを防いでくれます。

③ランタン、懐中電灯などの電池をチェックしておく!

ずっとしまっておきがちなランタンや懐中電灯。使いたい時に電池切れやうまくつかなくなっていることもあります。
事前に確認しておくと安心です!

リスまま

台風は地震とは違い、想定できるものですよね?
これは大変そうだ!と思った時はみんな同じ。早め買い物や掃除などを
しておくと安心です♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる